小児歯科(マタニティ歯科)

お子さま専用 シーラントで虫歯予防

小児歯科小児の歯は成人に比べて非常に弱いので、虫歯菌に対して耐性が少く、さらに子供でハミガキがちゃんとできる子はほとんどいないということもあり、子供の歯は虫歯になりやすいのです。

特に、奥歯の溝には虫歯菌が残りやすく小児の虫歯発生率が高いのはダントツで奥歯になります。この溝を虫歯になる前にシーラントと呼ばれる特殊な素材で埋めて しまうとこれを予防することができます。

虫歯になっていない状態で行う必要があるので、ご家族がこれを知っているかどうかが重要です。

シーラント処理の流れ

奥歯にシーラントの素材を塗り、特殊な光をあてて硬化させて終わりです。

小児歯科のシーラント処理

シーラントを行わないと・・・

シーラント処置を行わないと、奥歯の虫歯の確率が格段に上がり、虫歯となってしまった場合、子供の嫌いな「削る」ことや削った部分を銀歯やセラミックなどの詰め物をすることになってしまいますので、シーラント処置は忘れずにおこなってください。

シーラント処置を行わないでむし歯になった画像

フッ素塗布について

フッ素塗布した歯のイラストフッ素塗布によって歯面強化ができれば虫歯になる確率は大きく減少してきます。

お子さまの歯を守ってあげられるのはご家族だけです。小さな頃から定期的を忘れずにうけてください。

マタニティ歯科 ~妊娠中のお母さんへ~

マタニティ歯科画像妊婦さんは風邪薬ひとつをとっても気をつけなければなりません。

そんな中、歯科治療を行うことになると麻酔や服用薬など、さらに負担が増えてしまいますので、できることなら妊娠前に治療を終え、健全な口腔状態で妊娠するのが好ましいです。

しかし、もし妊娠中にどうしても処置が必要な場合は、妊娠中にやれること、出産後まで待ったほうが良いことを見極め、担当ドクターと相談することをおすすめします。