痛みを抑えた親知らずの抜歯

親知らずはできるだけ抜いておこう

親知らずが斜めに生えているイメージ「痛みがないから親知らずは放っておこう。」
こんな考えをお持ちの患者さんは多いと思います。

しかし、親知らずは基本的に必要ない歯です。放っておくと、虫歯になったり、歯並びに悪影響を与える場合が多く、基本的には抜いておくことがベターでしょう。

また、下記のようなケースに該当する場合は、速やかに抜歯をした方が良いでしょう。

当院で親知らずの抜歯を行う場合は、専門の口腔外科担当ドクターが行います。

速やかに抜歯するべき親知らずはこんな親知らず

  • 親知らずに痛みが発生しているケース
  • 虫歯になりそうなケース、もしくはすでに虫歯になっているケース
  • 親知らずがあることで歯並びに悪影響が出ている場合(親知らずの圧力で歯並びが悪くなる)

上記に該当する場合は、速やかに親知らずの抜歯を検討した方が良いと考えます。

できるだけ痛くない親知らず抜歯を行っております

親知らず親知らずの抜歯手術自体は麻酔下で行うため、痛みを伴うことはありませんが、抜いた後は必ず痛みが起こります。やはり、歯ぐきを切開したりするわけですから、痛みは避けられません。しかし、痛み止めをしっかり処方しますのでご安心ください。

また、抜歯の際にはできるだけスムーズに抜歯をすることで痛みを抑えることができます。

「麻酔=痛い」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、塗る麻酔を使用しますので麻酔による痛みを感じることはまったくありませんのでご安心ください。
塗る麻酔についてくわしくはこちらからごらんください。