顎関節症

顎関節症はストレス対策や咬み合わせのバランスが必要

顎関節症顎関節症の原因は主に、ストレスと咬み合わせの悪バランスからくると言われています。

身体的、精神的なストレスにより、強く咬んでしまう。

咬み合わせが悪く、脳から必要以上に「噛む」という信号が送られてしまい咬み込んでしまう。

このような原因から顎関節症が発生しており、これらの原因を1つ1つ分析し対処していかないと顎関節症の回復は出来ません。

顎関節症の原因

ストレス
咬み合わせの悪さ

・精神的:悩みごと、不安など
・身体的:病気、栄養不足、睡眠不足など

・脳が噛んでいないと勘違いし咬みすぎてしまう
・筋肉が間違った位置で緊張してしまう