根管治療(神経治療)

神経の抜歯(根管治療・こんかんちりょう)

根管治療根管治療とは、歯の神経が通っている歯の根の部分の穴(根管)の殺菌・清掃治療のことをさします。

虫歯が神経にまで達してしまい、虫歯菌が根管に侵入してしまった場合や歯が折れたりなど、何らかの場合で歯根が欠損した場合に、神経を抜くこととなります。

この神経を抜く際に、神経の通っている穴を清掃することが必要になります。

根管治療で歯を抜くか抜かないかが決まる

根管病巣は再発率の非常に高く、根管治療の精度不足による根管病巣再発に至った場合、最悪の場合抜歯に至ってしまうケースがあります。

根管は非常に狭く、暗く、湾曲しているため、清掃が非常が難しく、殺菌処理が不十分であるケースがあり、そういった場合に再発に至るのです。

当院では、時間をしっかりかけ、根管の清掃・殺菌をしっかり行うことで再発防止に備えております。

根管治療の流れ

  • 1)神経に達した虫歯

    重度の虫歯▲虫歯菌が根管に侵入

  • 2)根管清掃

    根管清掃▲専用器具で清掃

  • 3)根管洗浄

    根管洗浄▲殺菌効果のある液体で洗浄

  • 4)セメント材流入

    sample▲セメント材で固定

  • 5)封鎖

    封鎖▲セメントで根管を保持

  • 6)被せ物を装着

    被せ物を装着▲被せもので歯面を修復