矯正の治療期間と開始時期

子どもの歯並び矯正の治療期間と開始時期

子どもの歯並び矯正の治療期間はどのくらい?

子どもの歯並び矯正の治療期間治療期間は開始する時期や歯並びの状況によってそれぞれですので、一概にどのくらいかかると言いきれません。

ですので、あくまで目安ですが月1回の調整で初期治療が約1年半。その後、永久歯が生えてきたあと必要であれば本格矯正に進みます。

ただ、約半数のお子さまが初期治療のみで矯正治療が終わっております。

ただし、症例により治療期間は異なりますのでまずはお気軽にご相談下さい。

子どもの歯並び矯正の開始時期はいつごろ?

子どもの歯並び矯正の開始時期小児矯正は、初期治療(骨格矯正)と最終的なかみ合わせを作る本格治療(歯列矯正)の2段階の治療が一般的です。

初期治療というのは、5~12歳ごろまでの乳歯と永久歯の混じった時期が中心の矯正治療で、歯並びをキレイにするというより、成長が活発な時期にあごの大きさを調整したり、上下のバランスのあごのズレを整えたり、正常なあごの発育にさせるための治療のことを指します。

本格治療(大人の矯正)は、乳歯が抜けた終わった12歳ごろ~成人までの時期の治療のことを指します。

中高生の矯正治療カウンセリングや検査の結果、すぐに治療を始められる方もいれば、症状や年齢などによっては少し時間をおかなければならない方もいます。

また、早い時期に治療開始すれば簡単な治療で済む方もいれば、大人になってからの治療だけでも問題のない方もいます。

大人の歯並び矯正の治療期間と開始時期

大人の歯並び矯正の治療期間はどのくらい?

大人の歯並び矯正の治療期間治療期間は歯並びの状況によってそれぞれですので、一概にどのくらいかかると言いきれません。

ですので、あくまで目安ですが1年半から2年位はかかります。

また、矯正後も歯並びが崩れないようにリテナー(保定装置)を3ヶ月に1度来院していただき約2年間装着していただきます。

大人の歯並び矯正の開始時期はいつごろ?

成人矯正の開始時期年齢がネックとなってなかなか矯正治療を受けることを決断しきれない方もたくさんいらっしゃいますが、たとえ60歳以上であっても口腔内の歯と骨が健康的な状態であれば治療可能なのです。

逆に20歳以下だとしても、それらの状態が非常に悪い場合には治療が困難な場合があります。

歯列の矯正は基本的には歯と骨があれば、年齢は関係なく治療を開始できます。とはいえ、早い段階で治療を始めたほうが歯が動きやすいなどの効果を得ることができます。

小岩にて矯正無料相談実施中

矯正無料パンフレットダウンロードお電話でのご相談・お問合せは047-372-6645まで メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック