矯正装置のご紹介

目立つ金属の矯正装置は使用しません

  • マウスピース矯正

  • 歯の裏側矯正装置

  • ホワイト矯正装置

矯正装置の種類患者さんのライフスタイルに合わせ、矯正器具が目立たない透明タイプ、歯色に合わせた白色タイプ、表からは見えない歯の裏側に装置をつける舌側タイプなど、その方法も種類の多種多様です。

当院では矯正器具がついている間、少しでも快適に過ごしていただくために子供、大人を問わず目立つ装置(金属の矯正装置)は使用しておりません。

取扱い矯正装置のご紹介

マウスピース型矯正歯科装置(クリアライナー、インビザライン)

クリアライナー、インビザラインワイヤーを使わない自分で取り外し可能なプラスチック製の透明のマウスピース状矯正装置です。

食事の時と歯みがきの時は外し、その他の時間は常に装着していただきます。ティーアイ歯科クリニックで1番人気の矯正装置となっております。

インビザライン、クリアライナーなどの透明な矯正装置

メリット ・金属アレルギーの心配がない
・異物感や喋りにくさがない
・歯磨きの時は取り外せる
デメリット ・乳歯が残っている症例には使えない
・歯を大きく動かす必要のある症例には使えない
・歯を抜く必要のある症例には使えない
インビザライン オペラグラス3D

インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

舌側矯正装置(歯の裏側につける矯正装置)

舌側矯正装置矯正装置は金属製ですが、歯の裏側に接着するために装置は表から見えません。

矯正をしたいけれど、装置を付けていることを他人に見られたくない、職業柄表側の矯正ができないなどという人には舌側矯正がおすすめです。

歯の裏側に矯正器具を装着した治療写真

メリット ・矯正装置が見えず、矯正しているかわからない
デメリット ・装置が歯の裏側にあるので発音・歯磨きしづらい
・表側の矯正器具に比べ、費用・治療期間も多めにかかる

プラスティック・セラミック マルチブラケット

プラスティック・セラミック マルチブラケット矯正器具がプラスティックやセラミック(陶器)でできていて、半透明や白色のためほとんど目立たないです。

金属製ブラケットと同様に歯に接着して真ん中の溝にワイヤーを通すタイプです。当院の成人矯正は、ホワイトワイヤーを使用しているので目立ちません。治療期間も金属製のブラケットと変わりません。

メリット ・矯正装置が歯の色と同じ白色なので目立ちづらい
・金属の装置と治療期間が同じ
デメリット ・裏側のタイプよりは目立つ

こども用の矯正装置

小児矯正の装置小児矯正の場合も金属の装置は使用せず目立ちにくい装置を使用しております。

また、小児はアゴが小さく成長過程にあるため大人が使用する装置と異なります。

リテーナー(保定装置)

ortho_retaner

歯並びがきれいになって、矯正装置が外れたあとに使う装置です。この装置の役目は歯並びが後戻りすることを防ぐことにあり、一見、きれいになった歯並びも放っておくとすぐに後戻り(元に戻る)してしまうからです。それを防止するためにしばらくはこの装置を使います。症状により、さまざまな種類があります。

通院間隔は2~3ヵ月に1度で、歯磨きと食事の時以外に使います。徐々に歯並びが固定してきたら夜だけ使う、2日に1回使う、1週間に1回使うなど徐々に使う時間を少なくしながら最終的には外します。

小岩にて矯正無料相談実施中

矯正無料パンフレットダウンロードお電話でのご相談・お問合せは047-372-6645まで メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック